相互リンク・RSS募集中!
    誰でも大歓迎!
    詳しい説明はこちらで
    http://srkon.doorblog.jp/archives/30275429.html

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2014/01/04 03:19:44 ID:CrvOBGqb
    思いっきり顔面蹴り飛ばしたい

    2: 風吹けば名無し 2014/01/04 03:22:25 ID:7M4BZPma
    なお不死身の模様

    【革命機ヴァルヴレイヴの指南ショーコちゃんwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆55vSA/SEEo @朝一くんφ ★ 2014/01/09 06:01:33
    「『ガンダム』と創った男たち。」上巻の表紙
    no title


    人気アニメ「機動戦士ガンダム」の誕生秘話を描いたマンガ
    「『ガンダム』と創った男たち。」(KADOKAWA)が、25日に
    発売されることが分かった。
    “ガンダム”シリーズの生みの親として知られる富野由悠季総監督、
    キャラクターデザインを担当した安彦良和さん、メカニックデザインを
    担当した大河原邦男さんら当時の制作スタッフを
    モデルとしたキャラクターが登場し、実話を基に、フィクションを加えて
    ガンダム誕生秘話が描かれる。

    物語の舞台は「機動戦士ガンダム」がテレビアニメとして放送される
    1年前の1978年、富野ヨシユキが昔の同僚である安彦ヨシカズの元を訪れ、
    あるアニメの企画書を手渡す。
    安彦は企画書の内容に目を通さずに断るが、富野と別れたあとに
    企画書を見てあぜんとし、逆に富野の元を訪ねる。その企画書こそ、
    後に一大ブームを巻き起こす国民的アニメ「機動戦士ガンダム」だった……
    というストーリー。

    大和田秀樹さんの4コママンガ「機動戦士ガンダムさん」
    5~9巻(いつつめの巻~ここのつめの巻)に収録されている
    短編「ガンダム創世」のタイトルを一新し、再編集して上下巻でコミックス化。
    当時のガンダムに関する新聞や雑誌の記事や写真も掲載されるほか、
    月刊誌「ニュータイプエース」Vol.1~7に掲載された「トミノ伝」も収録される。
    B6判で上巻は288ページ、下巻は272ページ。価格はともに693円。

    写真特集もっと見たい方は写真をクリック!(全2枚)
    no title

    no title


    【MANTANWEB(まんたんウェブ) 】
    no title

    【機動戦士ガンダム : 誕生秘話描く「ガンダム創世」 タイトル一新しコミックス化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/03 23:13:12 ID:M2hxaALc0
    早速地元で捕まえたセイバータイガーちゃんに乗った結果wwwwwwwwwwwwww
    教習用のコマンドウルフと比べて格闘性能すご杉wwwwwwwwwwやっぱ共和国ゾイドって糞だわwwwwwwwwwwwwwwww
    no title

    【中型ゾイド免許取得したったwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: yomiφ ★ 2014/01/08 23:46:23
    no title


    「機動警察パトレイバー」は、レイバーと呼ばれる人型作業ロボットが
    普及した日本を舞台に、警察のレイバー=パトレイバーを駆使して
    犯罪に対処する警視庁特車二課の活躍を描いたSFアニメ。
    「THE NEXT GENERATION パトレイバー」は、原作から世代交代した
    新たな特車二課の活躍を実写化するプロジェクトで、
    全長8メートルにおよぶ実物大の主役パトレイバー
    「98式イングラム」やレイバードッグを併設した二課棟も実体化。
    最新鋭のCG、VFX技術も駆使し、ドラマシリーズ全7章と
    長編劇場用映画でパトレイバーと特車二課の活躍を描いていく。

    このほど画像が公開された「クラタス」は、2014年4月5日から上映される
    「THE NEXT GENERATION パトレイバー 第一章」に登場。
    作中でイングラムと対じすることになるレイバーだが、
    映画のために作られたものではなく、実在するロボットだ。

    一部メディアにも取上げられたことがあり、知る人ぞ知るロボットの
    クラタスは、現代芸術家の倉田光吾郎氏と、ヒューマノイドロボット用
    インターフェース開発者の吉崎航さんらによる
    チーム・水道橋重工により開発。
    「巨大ロボは日本が作るべき。そして巨大ロボ時代を到来させる」
    という思いで製作を開始した水道橋重工が、約2年の月日を費やして完成させ、
    実際に人が搭乗することも可能。
    1機約1億円で実際に販売もされており、「パトレイバー」の制作スタッフが
    「これは、まさにレイバーそのもの」と本編への出演オファーを出したところ、
    水道橋重工も快諾。
    メガホンをとる押井守監督も「これなら、CGやプロップをつくる必要がない」と
    太鼓判を押し、起用された。

    作中では工業用レイバーという設定上、通常BB弾が発射できる
    左腕のガトリングガンの代わりに、オリジナルでカッターを装備させ、
    ボディカラーも黄色にペイントした。
    98式イングラムとともに、レイバーが日常風景となった「パトレイバー」の
    実写世界観を盛り上げる。

    http://eiga.com/news/20140106/6/

    【実写版「パトレイバー」第一章でイングラムが値段1億円の実在のロボット「クラタス」と対決www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 16:48:50 ID:HTpNbavS0
    第1位 テネス・A・ユング(MS149機・艦船3隻)
    第2位 アムロ・レイ(MS142機、艦船9隻)


    テネス・A・ユング

    地球連邦軍のパイロット。階級は少佐。
    一年戦争においてMS撃墜数149機・艦船撃墜数3隻という記録を残したトップエース。
    この戦果はアムロ・レイを凌ぎ、連邦軍パイロットの中では第1位に当たる(ただし、この戦歴に対し疑問視する見方もある)。
    たぐいまれな射撃センスの持ち主で、射撃性能の高い機体を好んで使用した。
    主な搭乗機はRGM-79GSジム・コマンド宇宙戦仕様、RGM-79SCジム・スナイパーカスタム

    【アムロ・レイが連邦軍撃墜数第2位という事実www】の続きを読む

    このページのトップヘ