1: ロボ魂名無しさん
no title



引用元: http://futabalog.com/thread/845431c2aa00ceb51bd7ea140f750b40



2: ロボ魂名無しさん
別に悪を決めつける必要はない

3: ロボ魂名無しさん
作者の掌の上では?

4: ロボ魂名無しさん
悪人というかガキ扱いだったような

5: ロボ魂名無しさん
極東マネージャーは普通に野放しだしな

6: ロボ魂名無しさん
内海は勝手に死んだ
黒崎クン他は逃げ延びてるからビターエンドすぎる…

7: ロボ魂名無しさん
>黒崎クン他は逃げ延びてるからビターエンドすぎる…
黒崎クンもあの後ろくな人生待ってなさそうだし…

8: ロボ魂名無しさん
本人の喜びそうな悪人扱いじゃなくて
ダサい子供と断定されたからあれでいい気がする

9: ロボ魂名無しさん
こいつなんでシャフトで昇進できたんだろうな
起業のが好きそうな性格の割に

10: ロボ魂名無しさん
>こいつなんでシャフトで昇進できたんだろうな
>起業のが好きそうな性格の割に
思い切り遊びたいからじゃないかな…
お金は湯水のように使えるし

11: ロボ魂名無しさん
>こいつなんでシャフトで昇進できたんだろうな
>起業のが好きそうな性格の割に
起業するよりシャフトの中の方が好き勝手出来る状況作りやすかったんじゃない?

12: ロボ魂名無しさん
むしろ最後刺されて死んで終わりなのが予定調和っぽくてもやっとする

13: ロボ魂名無しさん
黒崎は悪ではあるけど内海いなきゃ何もできなさそう

14: ロボ魂名無しさん
空港でジェイクに刺されるあの最期だからいいのに

15: ロボ魂名無しさん
企画7課はグリフォン作ってる人らとかまで犯罪行為に関わってることについてまるで罪悪感なさそうなのが怖い
シャフトには遵法精神あるやつは採用されないのか

16: ロボ魂名無しさん
極東マネージャーもあそこまで大規模に金や人を動かして得るものはありませんでしたとなったら大人だからこそ
相当の報い受けてそうではある

17: ロボ魂名無しさん
極東マネージャーは船に作業用レイバーを搭載してるだけだし…

18: ロボ魂名無しさん
内海的に予想外かつ嫌な殺され方だったから法的手段よりダメージのある裁かれ方だったと思う

19: ロボ魂名無しさん
>内海的に予想外かつ嫌な殺され方だったから法的手段よりダメージのある裁かれ方だったと思う
え?なんで?って感じで死んじゃったよね

20: ロボ魂名無しさん
悪役気取りで周囲に迷惑かけ続けた奴が
いきなり想定外のカッコ悪くてしょーもない死に方するのいいよね…

21: ロボ魂名無しさん
かっこ悪くてしょーもない奴(と見下していた人間)に殺されるのも皮肉でいいと思う

22: ロボ魂名無しさん
子供の頃はパイロットでもないのに作中で大物扱いされてるのが謎だったんだ

23: ロボ魂名無しさん
内海の最期は何で刺されたか解らない内海と笑顔で黒崎君に撃たれるジェイクがいい…

24: ロボ魂名無しさん
劇的に死んだり逮捕されたりしたらむしろ内海喜びそうだし
あのあっけない末路は正直すっとした

25: ロボ魂名無しさん
そもそも悪と断定されて正義の味方に倒され華々しく退場なんて内海が大喜びする終わり方だろう
内輪もめで見苦しく無意味に死ぬのが一番こいつにとって効く

26: ロボ魂名無しさん
この画像で作中全ての行動原理がまとめられてるのがすごいよね…
なんて迷惑な人だ

27: ロボ魂名無しさん
密輸はしまくる社内に私設軍隊ある子会社には人身売買組織って
シャフト・エンタープライズ怖すぎない…?

28: ロボ魂名無しさん
マジでこれだけのためだけに動いてたのが信じられない
ついてくる部下たちもイカれすぎてて怖すぎる

29: ロボ魂名無しさん
>マジでこれだけのためだけに動いてたのが信じられない
>ついてくる部下たちもイカれすぎてて怖すぎる
技術屋なら自分が持てる技術を好き勝手に使ってワンオフのハイスペック製品作るとか
憧れないと言ったら嘘だよ

30: ロボ魂名無しさん
七課の主要メンバーはみんなヤバい過去持ってそうだしね…

31: ロボ魂名無しさん
目撃者あっさり始末するし死者が出ることに一切頓着しないのがヤバすぎる

32: ロボ魂名無しさん
さらっと目撃者のカップル殺されてる辺りとか本当に嫌すぎる

33: ロボ魂名無しさん
イングラムに負けてカラオケマイク落としたところからの
破滅の足音が近づいてきてる感じがとてもいい

34: ロボ魂名無しさん
内海さんとバドの再会がマジいいシーンに見えてしまった

35: ロボ魂名無しさん
アニメだと内海さん逃げて終わったからなあ
ちゃんと決着付けただけ漫画版は評価出来る





オススメブログ新着記事