ロボ魂通信

  • Twitter
  • RSS
    相互リンク・RSS募集中!
    誰でも大歓迎!
    詳しい説明はこちらで
    http://srkon.doorblog.jp/archives/30275429.html

    ガンダム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:28:21 ID:zxUJvzqC0
    ファーストの変形は今はもうなかったことになってるのに戦犯ゼータのせいでもう引っ込みがつかなくなってる
    メダロットだってメダチェンジのせいで衰退してボンボンまで廃刊になっちゃったしやっぱ変形って糞だわ

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:29:13 ID:W/ZKNahf0
    ほら変形って男の子の憧れやん?

    【ガンダムに変形の要素とかいらなかったよなwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22 19:18:45 ID:IbQUugVe0
    シローくんは逃亡する必要あったのけ?
    現地除隊してアイナ様とふつーに結婚すればよかったやん
    退職金とかカタワになった労災とかもらえたかもしれないのに

    【ガンダム08小隊を見終わってしばらく考えて思ったんだが・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: yomiφ ★ 2013/09/05 13:50:18
    no title


    サンライズのアニメーション作品を一挙上映するイベント
    「サンライズフェスティバル2013星彩」の中で、
    トークショー「宇宙世紀のガンダムを語る」が8月17日、
    東京・新宿ピカデリーにて行われた。
    トークショーには、ネェル・アーガマをはじめ、『機動戦士ガンダムZZ』の
    色が濃い目に現れている『機動戦士ガンダムUC』のストーリーを担当する
    福井晴敏氏、『機動戦士Zガンダム』、『ガンダムZZ』のプロデューサーでも
    あった現サンライズ社長の内田健二氏、
    そして『ガンダムUC』プロデューサーの小形尚弘氏の3名が登場。
    司会は、アニメ評論家・藤津亮太氏が務め、『ZZ』のイベントらしい、
    破天荒なネタが飛び出すトークショーとなった。

    ■ZZをなかったことにはできない

    まずは『ガンダムUC』と『ガンダムZZ』の繋がりについてのトークが始まる。
    『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の後でありながら
    『ZZ』の設定を引き継いでいるのはなぜなのか? という藤津氏の質問に、
    福井氏はこう返す。

    福井氏:例えば日本史が好きだ、という場合に信長は好きだけど、
    秀吉は嫌いなので秀吉はナシの方向で次は家康、
    というのはありえないじゃないですか。
    だから『ZZ』がどうこうじゃない。
    事実としてそこにあるんだからしょうがない。

    藤津氏:しょうがない(笑)。

    福井氏:みんないい大人なんだから、好き嫌いしないで
    食べなきゃだめですよ。

    さらに福井氏は「最近ZZのプラモなんかもここぞとばかりに出るんですけど、
    ドーベン・ウルフとか、ユニコーンバージョンって書いてある。
    先にオリジナルを出せよと! ドライセンも出たけど、何でこれ袖ついてんの」と
    苦言を呈す。しかしながら『ZZ』の商品は苦戦するケースも多く、
    それによってますます『ZZ』は触れる機会が減っていく悪循環があるという。
    それじゃダメだ、毛嫌いせず全部食べてこそ宇宙世紀がわかるんだと、
    福井氏は力説する。

    福井氏は、『ユニコーン』執筆前に『ZZ』を見て、シャングリラの子どもたちの
    いてもいなくてもいい感じ、本筋からそれた話が続くなど気になる点もあるが
    「言われているほど悪くない」と感じたそうだ。
    富野由悠季監督もよく『ZZ』のことはあんまり覚えてないと言う割には
    斧谷稔(富野監督の別名義。絵コンテ、脚本、演出時に使われる)
    の名前がよく出ていることから、ちゃんと手を入れているし、
    やろうとしてることも伝わってくると評価。
    一方の藤津氏は、過去に『ZZ』の脚本を担当した遠藤明吾氏に
    インタビューした際に、コンテは富野監督がかなり手を入れているが、
    脚本は遠藤氏、鈴木(裕美子)氏に割と自由にやらせていたという
    話を聞いたという。
    『Z』の時はそうではなかったそうだが、福井氏は、
    「『Z』はあんなもの誰かに作っとけなんて言ってもできるわけがないよね」と言い、
    ほぼ満場一致の同意を得ていた。

    ■ZZの位置づけと特殊性

    そして、『ZZ』では両親との対決が描かれていない、という特殊性を
    福井氏は指摘する。それも含め主人公のジュドー・アーシタが葛藤する、
    という要素が全排除されていて、ゆえに他の作品と比べて食い足りないと語る。
    だが、それくらいやらないと『Zガンダム』のグリプス戦役の後始末というのは
    1年やっても終わらなかったのではないかと考察している。

    藤津氏は「ジュドーは周りの大人に恵まれていて、ある意味大人に守られていたと
    感じた。あの子どもが楽園で遊んでいるような世界観は、
    大人が作ってくれたものではないか、カミーユとの扱いが全然違う」と
    投げかけるが、福井氏は「カミーユは狂うためだけに作られた人だからね。
    だから『劇場版Z』は、結局何がしたいのか全然わからないで
    終わっちゃったね」とチクリ。
    また、大人の事情抜きで福井氏は『ZZ』の良かった部分に
    「強化人間のあたり」を挙げている。

    福井氏:プルがお風呂から出てきてプルプルプルプル~ってやり始めた時は、
    さすがに仕事とはいえ見続けるのが苦痛だったけど、
    プルツーが出てきて、強化人間(クローン)という、命の根幹の部分を
    人間がいじっちゃうことについて、
    『Z』でのフォウとロザミアでは消化しきれなかった部分を『ZZ』でちゃんと
    やりきったのはよかった。
    『ZZ』は単体ではなく、他の作品とからめて見ないと。あの狂った
    『Zガンダム』の後を描いたということを意識すると、すべてがわかる。

    藤津氏:『Z』と『ZZ』はコインの裏表みたいな。

    (抜粋。以下ソースにて)
    http://news.mynavi.jp/articles/2013/09/04/zzuc/index.html

    【ZZからUCへ - 福井晴敏氏らが宇宙世紀の『ガンダム』を語る「ZZをなかったことにはできない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 17:55:17 ID:PGHd0VLd0
    AGEと同じくらい「こんなのガンダムじゃない」て叩かれてた
    ・ビーダマンみたいなメカデザ
    ・敵機体・組織の魅力のなさ
    ・OPの合わなさ
    ・ソレスタルビーイング(笑)武力介入(笑)

    シナリオも最新話の度に叩かれてた記憶があるんだけど、
    何故か今はファンも多いよな

    【ガンダム00て最初はやたら叩かれてたよな・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し 2012/11/12 11:26:46 ID:Shf2RTX4
    ぐうイケメン

    2: 風吹けば名無し 2012/11/12 11:28:01 ID:wy45JFh5
    なお声はおっさんな模様

    【ガロードってガンダム界一のイケメンだよなwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ